家売る こっそり マイホーム

家を売りたいけどご近所に知られずこっそり家売ることは可能なの?

家を売りたい、マイホーム 売りたいということは、そこには何らかの理由があるわけです。
じつは家 売る 理由は大まかに分ければ2つです。
つまり「前向きな理由」か「ネガティブな理由」どちらかです。

 

前向きな理由とは?

 

家族が増えたので大きな家に引っ越したい

転勤でどうしても引っ越さなければならない

今より住環境の良いところに住み替えたい

結婚、子育て、出産、などの理由

 

ネガティブな理由とは?

 

住宅ローンが払えない

事業で失敗し多額の負債を抱えたため

ご近所トラブル

ストーカー被害を受けてる

 

その他にも息子夫婦と同居、老後の生活の為、空き家だからとか相続の為などいろいろ考えられます。

 

日本人は、なぜか家を買うときはマイホーム・・マイホーム(^^♪・・と、あんなにオープンだったのに、家を売るケースはどうしても近所に知られずこっそり売りたいと思ってる方が多い!!

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

 

 

借金で家売る方法

 

 


家を売るとなるとアレコレ勘ぐる人って多いよね

我が家の家を売る理由は主人の転勤が決まったからです。でも転勤だからと言ったような前向きな理由でも、家を売るとなるとアレコレ勘ぐる人がいるんです。だから主人と相談した結果、私たちはこっそり家を売りたいと考えてます。

 

ところでこっそり家売ることって出来るのでしょうか?

 

もちろん出来ますのでご安心ください。

 

不動産会社も守秘義務があります。
お客様のプライバシーは絶対に守らなければ信用問題になりますし、信用が第一ですからね。

 

もっとも絶対に近所には知られたくないというのであれば、買取業者に買い取ってもらう方が無難だとは思いますが、ですが仲介による不動産売買に比べると、売却価格はやや下がるかもしれません。ただ仲介で少しでも高く売りたい、もちろんご近所には内緒で・・ということであれば、不動産会社も宣伝活動はご近所の方の目に触れないような地域で行うなど、しっかり配慮もしてくれるでしょう。

 

ところで注意点としては、不動産会社との契約の際ですが、専任媒介契約を締結すると、必然的にレインズ(不動産流通標準情報システム)に登録されるので、一般媒介契約にした方が良いでしょう。

 

なぜならレインズに登録されるとあなたの家の売却情報がネットを経由して全国に流れてしまうので、一般媒介契約にした方が無難かもしれませんね。
ただ一般媒介契約だと営業活動もかなり制約されるので、売却までに時間がかかったり、あるいは希望の価格ではなかなか買主が現れないということもあるかもしれません。

 

でも、何もオープンにしたからと言って、売る理由まで知られるわけでもありませんし、ましてや売る理由が転勤ということなら、何も隠す必要もないと思いますし、逆に知られても構わないと開き直った方がきっと高く売れると思いますよ。

 

 


『ハウス・リースバック』は、こっそりと家を売りたい方にピッタリなサービス!!

家を売却しても今の家に住み続けることは可能ですか?

可能です。

『ハウス・リースバック』なら自宅を売却しても、リース契約を結ぶことで今まで同様に、今迄と変わらずに住み続ける事が可能です。『ハウス・リースバック』は、一部上場企業である東京都に本社を持つ株式会社 ハウスドゥという企業が行うサービスです。

 

 

ハウス・リースバックとは自宅をハウスドゥに売却した後、リース料を支払う事で今まで通りにそのまま今の家に住み続けることができるというサービスです。とにかく最近利用者が急増してるサービスで、事業に失敗したため自宅を売却したいけど、ご近所に知られたくない・・とか、あるいは住宅ローンの返済が苦しく一旦売却したい・・とか、子供を転向させるのが可哀想なので引っ越しはしたくない・・とか、理由は問わず、当然ご近所に知られることなく、今まで通りの生活が出来るという結構画期的なサービスです。しかも数年後資金が用意出来れば、再度購入も可能ということですので、気になる方は一度チェックされた方が良いですね。